学会について 

本会は体力栄養の知識と技術の進歩・普及発展のために、体力と栄養の関係を研究・研修し、その成果を健康を目指した運動及び栄養の実践活動に応用し、国民の健康増進及び成人病の一次予防に貢献することを目的とする。


                                                     
 
 
65歳以上の高齢者が総人口の1/4を超えた現在、高齢者の健康問題は大きな社会的関心事となっています。また、同時に少子化も進行していますが、幼少期における運動習慣は、中高齢者期における生活習慣病の増加や加齢に伴う自立力の低下や精神疾患の増加に関与することが指摘されています。したがって、国民の健康問題は、あらゆる年齢層で解決策を講じなければならない重要な課題と言えます。

形本静夫
(順天堂大学)

 人々の健康がいかなる要素によって構成されているのかについては、議論のあるところですが、その1つに寿命に代表される時間的能力として生存性が、もう一方に体力により表される空間的能力としての生産性があることは間違いありません。かつては、ふたつの要素の間には関連性はないと考えられてきました。しかし、モーリスら(1953)によって、日常生活における運動量と心疾患との関連性が明らかにされて以来、運動がある種の疾病の予防や治療にも貢献することが示されるようになり、今や健康づくりにおいて運動や体力が重要な役割を果たすことが広く認められるに至っています。また、栄養は人々の基本的な生命活動の営みや体の構成に必須のものであり、健康の維持増進に不可欠なものであることは論を待ちません。

本学会は、このような社会的・学術的背景をもとに、健康と体力および栄養との相互関係を調査・研究し、その成果を運動と栄養の実践活動に応用することを通して、健康に関わる知識および技術の進歩ならびに普及を図り、国民の健康増進と生活習慣病の予防に貢献することを目的として、エビデンス蓄積のための積極的な学術活動を展開しております。

本学会のこのような目的にご賛同いただき、多くの方々のご参加とご協力のもと、より一層の飛躍を遂げたいと考えております。どうぞ、よろしくお願いいたします。


 役員名簿 

役員職名  氏 名 所属(表示)
会長 形本 静夫 順天堂大学
副会長 相川 りゑ子 大妻女子大学
副会長 中村 武夫 近畿大学薬学部
幹事長 青地 克頼 聖徳大学
理事 小川 由紀子 大阪府立大学
理事 笠松 隆洋 和歌山県立高等看護学院
理事 君羅  満 東京農業大学栄養科学科
理事 田村 隆教 高知学園短期大学
理事 中塚 晴夫 宮城大学
理事 橋詰 直孝 人間総合科学大学保健医療学部
理事 湊 久美子 和洋女子大学
理事 吉田 幸恵 大阪府立大学
理事 内藤 久士 順天堂大学
理事 藤谷  登 千葉科学大学
理事 三木谷 研一 神戸学院大学
理事 坊池 義浩 神戸学院大学栄養学部栄養学科
幹事 川ア 直人 近畿大学薬学部医療薬学科
幹事 塚越 惠久子 大妻女子大学短期大学部家政科食物専攻
幹事 高尾 理樹夫 大阪府立大学
監事 岩瀬 靖彦 大妻女子大学 家政学部食物学科 栄養教育研究室
監事 矢澤 彩香 大阪府立大学
評議員 伊内 秋夫 (有)すずらんメディカル すずらん薬局
評議員 上杉 宰世 大妻女子大学
評議員 神野 宏司 東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科
評議員 佐藤 裕子 人間総合科学大学
評議員 下崎 昭雄 ダイグ総合健康科学研究所
評議員 土田  満 愛知みずほ大学人間科学部人間科学研究科
評議員 畠中 能子 関西女子短期大学
評議員 彦坂 令子 大妻女子大学
評議員 吉岡 隆之 奈良学園大学
評議員 渡邊 完児 武庫川女子大学
評議員 小清水 孝子 大妻女子大学
評議員 高橋 節子 大阪府立大学
評議員 日高 健治 日高整体院
評議員 畑 明寿 千葉科学大学
評議員 原 久美子 神戸常磐大学短期大学部
評議員 榊 由美子 公益社団法人兵庫県栄養士会
評議員 内堀 恵美 天理よろづ相談所学園 天理医療大学
評議員 緒方 文彦 近畿大学薬学部医療薬学科
評議員 川上 由紀子 大阪府立大学
評議員 保井 智香子 千里金蘭大学
評議員 江崎 ひろみ 愛媛県立医療技術大学
評議員 小西 文子 東海学院大学管理栄養学科
評議員 滝川 稚也 国立病院機構 高知病院
評議員 秋山 聡子 東京農業大学栄養科学科
評議員 吉田真知子 東京聖栄大学


 会則 

会則(PDFファイル)